グリーンシティ福岡 「みどりのまち」

みどりのまちづくりの専門家集団「NPO法人グリーンシティ福岡」のサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

森の案内人養成講座の第5回は、同じ福岡県内にある二つの
森林セラピー基地への視察です。
受講生は二手に分かれ、うきは市と黒木町へ。

091212a.jpg

091212b.jpg


うきは市では、棚田の見事な景観を見ながらのガイドツアーを楽しみ、
黒木町では、湖畔の美しいセラピーロードを満喫しました。
先輩となる両基地の案内人皆さんとの意見交換も行われ、徐々に
森林セラピーガイドのイメージができあがってきています。

(篠栗町森林セラピー事業業務委託)
  1. 2009/12/12(土) 18:00:00|
  2. 活動記録|

ジョイフル&コスモス薬品の両企業のご寄付で行われた
志賀島の整備事業の記念式典が行われました。

オオシマザクラの前で、両企業の代表と東区長と地元の三浦会長による
記念植樹の後、地元の皆さんによるスイセンの植え付けが行われました。

091206a.jpg

091206b.jpg

091206c.jpg

  1. 2009/12/06(日) 18:00:00|
  2. 活動記録|

ジョイフル&コスモス薬品の両企業からのご寄付をもとに
志賀島の金印公園の整備が行われました。

091203a.jpg

091203b.jpg


志賀島自治連合会よりご依頼いただき、
金印公園の一角の除草と剪定、その後、オオシマザクラの移植を行いました。
6日の記念式典では、スイセンの植え付けも一緒に行われます。
  1. 2009/12/03(木) 18:00:00|
  2. 活動記録|

まちの中に生きもののにぎわいのある場所をつくろう!
ということを目的に、福岡市環境局が実施する「エコアップ活動」。
昨年は鴻巣山で簡単な生きもの観察と作業を行いましたが、
今年は東平尾公園内にある池周辺の樹林地で実施することとなりました。

第1回は、生きもの調べ。
鳥、虫、樹木をそれぞれ5種類ずつ見つけよう!というテーマで、
鳥の声に耳を澄ましたり落ち葉をひっくり返して生きものを探したりしました。
みんな五感を使って、真剣に探してくれました。

鳥たちは、声はすれども姿は見えず、、、
唯一目の前に出てきたのがウグイスでした!
pb220038.jpg

落ち葉をひっくり返して何かいないかな?
朽ちた木を崩して真剣に探してくれた人もいました。
pb220049.jpg

この日出会えた生きものは・・・
ウグイス、シジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、シロハラ、メジロ、
ハサミムシ、ワラジムシ、甲虫のなかまの幼虫、ダンゴムシ、クモのなかま、ガの仲間、
モグラ(の穴)

葉っぱを拾って樹木を調べてみよう!というところでパラパラと雨が降り出し、
カキとカクレミノの葉を紹介したところで残念ながら引き上げることにしました。

ここをより生きものたちがすみやすい環境にしていくため、
第2回と3回では、ササを切ったり枯れ枝を積み上げたり、という作業を行っていきます。
  1. 2009/11/27(金) 12:10:00|
  2. 活動記録|

志賀島での散策ルート沿い森林整備の第2回目を実施しました。

今回は気温は低かったものの天候に恵まれ、
島内外のボランティア方12人、造園のプロ10人と人数も増えて好スタート!
火焔塚から潮見公園の入り口近くまでの道中、
土砂や落ち葉が積もった散策路や、ツルが巻きついて荒れている樹林の様子などを
みなさんと一緒に見ながら作業地へ徒歩で移動しました。
PB210009.jpg

土砂の除去や高所作業などは重機が必要になるため、
一部、事前作業にてプロが作業を済ませていました。
ボランティア作業では、竹ゾーンとヤマザクラゾーンに分かれ、
重機が入った後に残った竹伐りやツル伐り、中低木の除伐などを中心に、
プロから指導をうけながら作業を行いました。

こちらは竹ゾーンでのツル伐りのようす。
後ろにもまだまだたくさん巻きついているのが分かりますね・・・
PB210032.jpg

町内会長さんや公民館長さんにもご協力いただきました!
PB210013.jpg

こちらはヤマザクラ周辺の除間伐作業。
少し大きめの樹木の伐採にも挑戦し、落とした枝を運ぶのも結構大変でした。
IMG_3767.jpg

地権者の方から、ミカンの差し入れもいただきました。おいしかった♪
PB210040.jpg

竹ゾーンは特にツルの除去はほぼ完璧に完了し、
ヤマザクラゾーンの方も、十分に光が入る明るい場所になりました。
今は作業直後で少し荒れた印象になっていますが、
次の初夏には新しい草木の芽が出て、よい散策コースになりそうです。
みなさん、お疲れさまでした。

次回は12月15日に、散策コースの中腹あたりの作業を実施します。
興味のある方は、ぜひご参加ください!
ボランティアの申し込みのご案内はこちらへ。
  
  1. 2009/11/27(金) 11:44:55|
  2. 活動記録|

第4回となる森の案内人養成講座は、九州大学の薛先生を
講師としてお招きして、「篠栗九大の森」を歩きました。

091107a.jpg

091107b.jpg


植物の名前だけでなく、その植物の名前の由来や生き残るための
工夫など、とても面白くワクワクするようなお話を聞きながら歩く
充実した時間となりました。

(篠栗町森林セラピー事業業務委託)
  1. 2009/11/12(木) 18:00:00|
  2. 活動記録|

志賀島で行う、遊歩道沿いの森林整備の作業がいよいよスタートしました。

今にもくずれそうな天気の中集まったのは、
島内、また島外からのボランティア7名と、造園のプロ8名。
今回は、志賀海神社の裏手を流れる天竜川沿いのモミジ周辺の整備作業をプロ、
火焔塚入り口周辺の整備をボランティアにて行いました。

昼前後から雨が降る、という予報だったので、
とにかく雨が降るまでやれるだけ、無理せずやろう!ということで、
簡単にあいさつをすませ、それぞれの作業地へ移動しました。

火焔塚入り口周辺には、遊歩道に突きだして幹や枝が伸びてきたようなムクノキがあり、
この木が視界を遮って入り口が見えにくくなってしまっていました。
IMG_3662.jpg

いきなり根元からは伐り倒しにくかったので、
少しずつ伐り落としては玉伐りにしていきます。
IMG_3668.jpg

伐採を終え、周りにあったツルや草をきれいに払うと、
現場からこんなものが・・・
IMG_3688.jpg

かつて火焔塚にて水汲み用に使っていた井戸だとのこと。
やはり昔はここに多くの人が参ってたんだなぁとしみじみ思いました。
危ないので伐った木で蓋をし、
元漁師の島の方に現場に落ちていた短いロープできっちり縛っていただきました。
そして無事1本作業終了!というところで雨が降り出し、
ボランティアによる作業はここまで、となりました。
IMG_3686.jpg


プロによる作業では、モミジと天竜川の小さな滝を道沿いから見やすくするため、
道路沿いの川に向かって落ちている斜面沿いの草や低木を刈り、
道路側に張り出してきていたアカメガシワを伐採したり、
モミジに巻きついていたツルを払ったりする作業を行いました。
IMG_3676.jpg

IMG_3679.jpg

こちらも午前中で作業を引き上げましたが、それでもずいぶんスッキリとした様子に!
小さな滝もよく見えるようになりました。
IMG_3698.jpg

今回はホントに短い時間の作業しかできず残念でしたが、
楽しく事故なく実施でき、小さくても成果が見える作業ができてよかったです!
次回以降の作業でこのルートがどう変わっていくか、本当に楽しみです。
 
  1. 2009/11/11(水) 11:41:54|
  2. 活動記録|

箱ふ頭の清掃工場、クリーンパーク臨海にあるビオトープ。
慣れ親しんだフィールドで、ビオトープ教室を開催しました。

秋のこの時期なので、みんなで草むらを取り囲んでバッタ・
キリギリスの仲間をつかまえて観察しました。

091108a.jpg

091108b.jpg


新しく考案した「ビオトープの生きものゲーム」は、「食べ
もの」カード、「寝るとこ」カード、「子育て」カードの
3枚を引き、想像の生きもの「ビオんちゅ」がどこに棲みそうか
人形を置いてみるゲームです。

(市民参加型エコアップ活動等企画・運営委託)
  1. 2009/11/08(日) 18:00:00|
  2. 活動記録|

今年も、志賀島金印まつりにて
コスモスを使った自然体験プログラムでカンタン押し花作りを実施しました。

・・・ところが、コスモスがまだ3分咲きぐらい。。
種まきが少し遅れてしまったり、9月に晴天や気温が高い日が少なかったり、
コスモスにとっては厳しい条件だったようです。
IMG_3229.jpg


せっかく来ていただけたのに、みなさん申し訳ありません!
2週間後にまたぜひ来ていただけたら、満開の様子を見ていただけると思います。
と、お客様にお伝えしてまわりました。

ということで、フラワー園横にある敷地の畑に、
去年のこぼれ種から花を咲かせたコスモスが残っていたので、
押し花作りにはその花をつかわせてもらいました。
今回やったのは、ティッシュと厚紙で花をはさみ、
家に持って帰ってからレンジでチンしてもらう、とっても簡単な押し花作り。
小さい子たちも楽しく作ってくれました。
IMG_3236.jpg

今年の花畑(金印しおかぜフラワー園)づくりは花の生長に悩まされ続け、
自然のことはなかなか思い通りにはいかない、ということを痛感しました。
今回のことを教訓にして、
今後は何かアクシデントが起きても、何とかその後のカバーで巻き返せるよう、
いろんなことを視野に入れて計画を立てておかないといけないなぁ、と思いました。
  
  1. 2009/10/21(水) 14:15:56|
  2. 活動記録|

記録を載せるのは実は初めてですが・・・(>o<;)

海の中道海浜公園に来年度にオープンする新エリア「環境共生の森」にて、
お客様への環境学習プログラムの提供を行ったり、田畑・森づくり活動を行っていく
サポートボランティアの養成に昨年度から関らせてもらっています。

ボランティアに登録している人数は、早くも現在約50名ほど。
フィールドがまだ工事中ではありますが、
今年から未開園区域への植樹プログラムなどが始まりました。
そんなボランティアの皆さんが、
海の中道海浜公園で行われた「おやこフェスタ」の中で、
来園者の方々へ環境学習プログラムを実施する、デビュー戦(?)を行いました!

小学校でドングリを育てる出前授業は何度か経験している皆さんも、
家族相手、ちびっこ相手、お客様の呼び込み、などの経験は初めて。
全部で3グループに分かれ、約2ヶ月間の準備を経て当日に臨みました。

葉っぱのこすり出し絵本づくり
IMG_3203.jpg

ネイチャービンゴ~森の宝さがし~
IMG_3214.jpg

どんぐりポット作り
IMG_3196.jpg

プログラムをやる毎に「これがヨカッタ!」「あそこはもっとこうした方がいい」
などと意見を出し合いながら、グループごとに進行していきました。

参加者の皆さんにももちろん楽しんでいただけたと思いますが、
何よりも実際に行ったボランティアの皆さんがかなり楽しんでいたのが印象的でした。
新エリアオープン後に向けて、少し自信がついたかな、と思います。
10月末からは、マテバシイのドングリを将来的に植樹していくために、
ドングリの圃場づくり実験をおこなったり、冬には畑づくりをスタートさせたり、
という活動を行っていきます。

環境共生の森では、一緒に活動していくサポートボランティアを募集し、
定期的に参加説明会を実施しています。
興味のある方は、ぜひ一度ご参加ください!
案内はコチラへ。
  1. 2009/10/21(水) 11:34:02|
  2. 活動記録|

前のページ ホーム 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。